とらふぐ亭 国立店

お知らせ

コラム

2018/06/25

ふぐの美味しい召し上がり方 ~ふぐの旨味を丸ごと食す~

高級魚として有名な「ふぐ」ですが、関東では関西よりふぐを召し上がる機会が少ないという統計がございます。

「とらふぐ亭」ではもっと身近に、気軽にふぐをお召し上がりいただきたいと考え、今回のコラムでは、一品でふぐの旨味を丸ごとご堪能いただける、ふぐを主役とした鍋「てっちり」の美味しい召し上がり方をご紹介いたします。

■てっちりの作り方

「てっちり」とは、肉厚でぷりぷりとしたふぐの豊かな味わいが他の食材や調味料によって引き立てられ、心も身体も温めてくれる贅沢な逸品です。

まずは、昆布を付けておいた出汁に火を付けます。出汁が沸騰したら昆布を取り出します。沸騰している中に骨付きの身を入れて6~7分程度煮ます。次に薄い身を入れ2~3分程度煮ていきます。野菜はふぐを存分に楽しんだ後に入れます。

 

てっちりを堪能した後は、旨味が凝縮した美味しい出汁を最後まで楽しめる雑炊はいかがでしょうか。

鍋に残った野菜などの具を取り出し、出汁が沸騰したら御飯を入れます。塩・醤油で味付けし、ご用意いただいた溶き卵を回しいれ、火を止めます。お好みで海苔を入れれば風味も増しさらに美味しくお召し上がりいただけます。

ふぐは脂質をエネルギーへと変えてくれます。さらに皮膚や髪の毛など、肌の健康を保つ効果が期待でき、美肌になれるといわれています。コラーゲンも含んでいるため、美肌や老化の予防にも役立つとされています。

外せない接待やお祝いのときなど、是非お召し上がりください。

お知らせ一覧